すこやか地肌

頭皮炎症トラブルの原因はシャンプー?

頭皮炎症のトラブルの一番の原因はシャンプーの選び方や使い方が
ポイントになる場合があります。

 

 

周りの人が良い感じで使っているシャンプーだから自分も使ってみよう

 

と思って実際に使ってみると、

 

フケは出るやら痒くなるやらでひどい目にあってしまった

 

という苦い経験をお持ちの方も多いと思います。

 

 

また、シャンプーを使う場合、髪いっぱい泡を付けて洗わないと洗った気がしないので
シャンプーを大量に使う方もいるようです。

 

しかし、こような方法では効率が悪いばかりではなく、洗い残しの原因になり
頭皮へのダメージが懸念されてしまいます。

 

 

 

自分にあったシャンプーを選ぶ方法は、実際に使ってみなければわからないという
こともありますが、頭皮への刺激が強い成分入りのシャンプーはさけたほうが良いようです。

 

 

刺激が強い成分には

 

  • ラウリル硫ラウリル
  • 硫酸カリウム酸Na

 

という硫酸系の成分があります。

 

 

この成分はアルコール使用の界面活性剤なので、洗浄力が半端なくあり
とうひや髪についた汚れを根こそぎ落とす効果に優れています。

 

しかし、頭皮が弱い方が使うと間違いなくフケや痒みの頭皮トラブルに
見舞われてしまいます。

 

 

 

また、シャンプーを使う場合の注意点ですが、ただ単に多く使ったらいいという
ものではありません。

 

自分の髪に合った適量のシャンプーを手に取り、頭皮に直接つけるようなことはせず
手のひらでしっかりと泡立てるようにします。

 

 

髪全体に馴染ませたあと、指の平で頭皮をまんべんなく
やさしく洗い上げていきます。

 

 

洗った後はすすぎです。このすすぎを中途半端で終わらせると頭皮のフケや
かゆみといったトラブルを引き起こしてしまいます。

 

頭皮についたシャンプーは完全に取り除くように心がけましょう。